高大連携プロジェクト

6月21日(日)に「withコロナ時代の鎌倉の観光、どうなる?どうする?」というテーマのオンライン・フィールドワークに本校生徒3名が参加しました。VR映像の視聴やオンライン会議ツールを用いたインタビュー調査を通して、課題発見・解決型のプロジェクト学習を行いました。

オンラインフィールドワークの活動については、こちらからご覧いただけます。

参加生徒の感想

「今では、仮想現実(VR)で温泉の映像を見て、現地から送られた湯に自宅の風呂で入るような体験もできる。現地に行かないと分からないことはあるが、オンラインでもかなりのことが学べると思う。」

「鎌倉だからこそ考えられる解決策を考えられたと思う。 案がたくさんでてきて面白かった。 高校生だからこそ考えられるものを考えられた。」

 
Card image cap

Card image cap