loading

イエローゾーン


1. メディアセンター

45台のノート型パソコンがある多目的特別教室です。中学校英会話の教科書付属学習ソフトがすべてのパソコンにインストールされています。本校の模擬国連プログラムに参加する生徒達もほぼ毎日ここで活動しています。

2. スクールコモンズ

光を取り込む造りになっている日当りの良いスクールコモンズは、生徒たちの多目的な活動の広場です。普通教室4つ分の広さを持ち、生徒会室への共有空間ともなっています。また、周囲に部活動のロッカーがあるので、時には生徒たちの団欒の場でもあります。学年集会やダンス部、吹奏楽部、演劇部等のミニ公演が行われたり、借りてきた本物の選挙グッズを設置して生徒会の選挙を行ったりしることもあります。また試験前は学習スペースともなるので、静かな生徒の勉強の場となります。

3. 武道場

独立したスペースにある武道場は、主に剣道部とダンス部の活動の場となっています 校舎から少し離れたところにあり、趣ある建物です。

4. 室内プール

25m6コースの循環式型温水プールです。年間を通して部活動と水泳の授業が可能です。 特に水泳部は季節を問わず一年中活動をしています。また、体育の授業や表現祭の出し物で「ウォーターボーイズ」を披露したりもしています。

5. トレーニング室

武道場のそばにあるトレーニング室は自分の体と向き合いながらマシーンを使って筋力補強に取り組める場所です。体力作りをするためにも生徒たちは楽しみながらおこなっています。

6. 和室

28畳の広さがあり、茶道部と日本伝統文化部の活動を行っています。海外からの交換留学生には日本文化を紹介する最適な場でもあり、表現祭で茶道部が大好評な茶会を行っています。また、日本伝統文化部の百人一首等の活動の場となっています。

7. アリーナ

講堂に次ぐ第二体育館 です。イス席を600並べることができる広さがあります。講堂ができるまでは入学式、卒業式もここで行われていました。舞台のカーテンを開くと後ろにグラウンドを眺望できる造りになっています。ゾーンごとの集会やゾーンタイム等でも使われています。

8. ビーチバレーコート

ビーチバレーコートを持っている学校は少ないと思います。部活動を通して一人ひとりの個性を伸ばし、自主自律をモットーに練習を行っています。ビーチバレー世界ユース日本代表を輩出しているコートです。

グリーンゾーン


9. 教室

全ての教室に冷暖房が完備し、プロジェクターとスピーカーが設置されています。 グリーンゾーン教室の白板は上下に分かれているので、生徒たちから見やすく作られています。

10. 講堂

2代目の理事長である公文毅記念館の象徴としてできた講堂です。体育館機能も備えた講堂は、イス席を1100並べることができる広さがあります。他校との公式戦などにも使用されています。また、全校集会、本校の入学式、卒業式、式典なども執り行われます。空気の循環等を考え環境に優しい作りとなっています。 VR(バーチャルリアリティ)でご覧になりたい方はこちら

11. 講義室

2つ教室を1つにして使えるように工夫された教室です。公文式放課後学習など幅広く使用されています。このような形態の教室は、各ゾーンにあり、多目的に利用されています。

Kumon Students

ブルーゾーン


12. PCルーム

48台のPCは、スクール形式ではなくシマ形式に並べてあり、グループ学習等を意識した配置となっています。情報教育は本校の教育目標の一つですが、ここはその拠点の一つ。データベースへのアクセスやインターネットによる情報収集も可能です。図書館と並び、学園の情報教育の拠点となっています。主に情報の授業が主ですが、学年行事等の事前学習としても学習の場となっています。MMC(メディアミックスクラブ)のPC部門が放課後活動をおこなっています。

13. 図書館

蔵書数は3万2千冊を超えています。開校以来コンピュータによる蔵書管理を行っています。開校当時にバーコード管理をしている図書館は少なく、図書システムの先駆的な存在です。入り口のPCは朝日新聞のデータバンクと繋がっていて過去20年間分の新聞記事を検索できます。授業での調べ学習に対応しやすいように机がレイアウトされ、2クラス分の授業展開ができるようになっています。AV機器もあるのでCD,ビデオ、DVDも鑑賞できます。また、授業用貸し出しノートPC20台も用意されているので、無線LANで調べることもできます。VR(バーチャルリアリティ)でご覧になりたい方はこちら

14. ホール

312名収容できる階段式に椅子が設置されているホールです。プロジェクターや冷暖房等も完備していますので、学年集会や寮の集会だけでなく講演会等も行われています。定期試験時や寮の学習スペースとしても使用されています。

15. ロビー

学校の玄関ともいうべき場所で学校事務室があります。また、公文式学習成果や部活動の成績なども掲示してあります。天井まであるガラス窓からたくさんの光が注ぎ、明るい設計です。本校はゾーンごとに学習スペースを設け、自主的に学習できる環境を作っています。ロビーも同様に、始業時前と放課後に生徒たちの勉強する姿が見られます。

16. 学習スペース

3ゾーンにあるパブリックスペースに生徒の自学自習ができるように机と椅子を配置した学習スペースがあります。特に職員室前のスペースは、分からない点をすぐに先生に確認することができる場所になっています。時には生徒の方から、時には教師の側から呼びかけて、友だちのこと、将来のこと、勉強のこと、部活のこと、家庭のこと、楽しいこと、聞いてほしいこと、相談ごと、嬉しいこと、悩んでいることなど、この場所で先生との面談や会話が繰り返されるのもこの学園の特色です。

その他


17. テニスコート

グラウンド横に硬式テニス部が練習をしているテニスコートがあります。3面のコートと夜間照明があり、練習時間内に十分な練習ができます。オムニコート(砂入り人工芝)で作られているため足腰にやさしく、天気に左右されることが少なくなりました。

18. 食堂

寮生は3食、通学生は昼食時に利用しています。献立も豊富で朝食と夕食は和食か洋食の定食から、昼食は2種類の定食とカレーやヌードル系の3種類から選ぶことができます。また、焼き立てのパン、サラダ、デザートも食べることができます。通学生はお弁当も食堂で食べることができますので、昼食を食べながら楽しい時間を過ごしています。昼食時は収容人数の関係と混雑を避けるために高等部の後に中等部の昼休みが設定されています。

19. グラウンド

開校20年を迎えグラウンドをリニューアルし、人工芝に換えました。また、ナイター設備も充実したので、日暮れの早い冬場でも安全に活動ができるようになりました。5月に行われる体育祭もこのグラウンドで行われています。質の高い人工芝を使用していますので、他校との公式戦も多く行われています。VR(バーチャルリアリティ)でご覧になりたい方はこちら

20. ランニングトラック

講堂の上部壁面一周にランニングスペースを作ってあります。雨天で活動が制限されてしまう場合に準備運動やトレーニングに使われています。

21.

寮があるのも本校の特徴です。寮生はここから寮での生活が始まります通学生も希望すれば中1で前半・後半のどちらかに、4ヶ月の寮体験プログラムで寮生活を体験することができます。寮生活は自立の精神だけでなく、国際社会で活躍する人間に必要な「異質の他者を理解する精神」も学ぶことができます。寮では毎晩、学習タイムが設けられていますので、学習習慣を見直すいい機会でもあります。寮も学校と同じように生徒の自主性を重んじながら運営しています。寮生活をしているからこそ味わえるさまざまな行事が行われるもの特徴です。
寮の詳しい紹介はこちら

22. ハンドボールコート

オムニコート(砂入り人工芝)で作られ、コートのサイズは正式なものになっています。公式戦は行われませんが、部活動や体育の授業で使われています。

23. 弓道場

安全性を考えて校舎から出たところに設置されています。立木を生かした設計で照明設備のある弓道場では毎日のように弓道部の活動が行われています。人気のある弓道部には熱心に活動する部員が多く、団体優勝や個人受賞など大きな成果を上げています。

24. 伊豆研修センター

入学してすぐに行われる「ふれあいキャンプ」がこのセンターで行われます。「6年間の学園生活で一番大切なものは友だちだ」と多くの生徒が言います。寝食をともにしながら様々なプログラムを行う中で生徒同士だけではなく、教員と生徒の親睦を図る場所にもなります。他の行事もセンターを利用して行われています。