loading

中2の夏9月に伊豆研修センターで実施する3泊4日の宿泊体験行事です。冒険型体験学習です。自然を活用して行われる、容易には達成することができない、さまざまなプログラムやアクティビティを通して、リーダーシップや団結力、忍耐力、そして課題設定・問題解決能力を身につけていきます。また、生徒同士に強い信頼関係が生まれるとともに、チャレンジ精神、判断力や決断力が育ちます。

冒険型体験学習の目的

1. 普段の生活とは異なる自然の中での活動に対し、チャレンジ精神を持って自らの意思で一歩踏み出し、新 たな自分と友だちの新たな一面を発見する。

2. 自分一人ではなし得ない事柄でも、仲間との協力によって乗り越えられることを経験し、協力することや 信頼関係の大切さを学ぶ。

3. 何かに一生懸命に取り組むことで、成功・失敗などの結果にかかわらず得られる達成感や感動を味わうことによって、人として生きることの意味を実感する。

NOTS

「NOTS」とは、NPO法人「国際自然大学校」…自然の中での体験活動を通して、子どもから大人までより良い人間形成のための教育活動を開発、実施。“アウトフィッター”=「自然や人とのかかわりの中で、人生を前向きに生きている人」を育てることを目的としている団体です。公文国際学園の教育理念と合致しています。

アクティビティの例

ビーム

チームで協力して背丈ほどの高さに設置された「丸太」を全員が乗り越えます。下に敷かれたブルーシートに少しでも脚が触れたら失敗となり、全員がま最初からチャレンジし直します。どうすれば全員が乗り越えられるか、しっかり話し合い、協力しないと成功できません。

木こりのローソク

キャンドルの灯を囲んで、それまでのチャレンジをふりかえります。暗い中で小さな炎を見つめていると、不思議に自分の素直な気持ちと向き合うことができるようになります。

ウォール

約4mの「壁」をチームで協力して全員が乗り越えます。最初の一人をどうやって登らせるか、最後の一人をどうするか、みんなで知恵を絞ってチャレンジしなければなりません。チャレンジするチームはもちろん、見ている側もいつの間にか一体となり、心の底から声援を送ることになります。成功しても失敗しても、一生懸命に取り組めば必ず「感動」が返ってくるチャレンジです。

アクティビティの例

山登り

「天城縦走路」の全長13,4km、最大高低差415mを制限時間内(7時間)にチーム全員で踏破します。事前に登山計画を立て、地図やコンパスを見ながら歩きます。途中ロープにつかまらなければ登れないような、かなりの難所もあるので、決して楽なコースではありません。全員で完歩できたときの「達成感」は格別です。

クモの巣

クモの巣のように張り巡らされたひもに体が一切触れないように全員が反対側へ通り抜けなければなりません。しかも一回誰かが通ったところは2回は使えません。低いところでもつい体が触れてしまいがちですが、上の方になればチームみんなで協力して体を持ち上げないと通ることができません。触れてしまうと最初からやり直しです。

ドラム缶ピザ

ドラム缶を再利用したかまどに火を起こし、生地をこねるところからトッピングまで、すべてチームで協力してピザを作ります。4日間苦楽をともにしてきたチームメイトと協力して最後においしいピザを作って食べる。格別な味がします。