Kumon Kokusai Junior/Senior High School:  Reach Your Dreams!

本校講堂にて、高1プロジェクトスタディーズ成果発表会が実施されました。

このプロジェクトスタディーズは生徒各自が個人テーマを決め、一年間かけて研究する探求型学習です。成果発表会では全員がパネルにスライドを展示し、10分ずつ、3回の発表を行いました。 2回目・3回目の発表は、下級生や保護者の方にも公開し、同級生も含めて、活発な質疑応答がありました。

一年間をかけて探究してきた個人研究の集大成、十人十色、それぞれが多彩な研究テーマを掲げ、知的好奇心に満ちた発表会でした。 さらにこの後、一人一人が論文をまとめ、年度末に論文集を作成します。また、相互評価で高い評価を獲得した生徒2名が、国際理解DAYSにて学年代表として全校生徒の前で全体発表を行います。



本校が第1回朝日みらい教育賞グローバル賞を受賞しました!

この賞は朝日新聞社主催による未来志向の先進的な学びの取り組みを表彰するもので、本校が2005年から実施している校内模擬国連(MUNKムンク:Model United Nations of Kumon)が評価されたものです。この賞の詳細についてはこちらの掲載記事をご覧下さい。


第22回表現祭終了

秋晴れの気持ちのよい2日間となった「第22回表現祭」。 両日の来校者数は過去最高の4884名となりました(昨年は3505名でした)。

「表現する場」を大切にしたい、というコンセプトの下、模擬店などは行わない「表現祭」が今年も無事に終了しました。 世間でいう文化祭とはひと味異なる表現にこだわったイベントでしたが、今年もレベルの高い表現があちこちで見られました。


本校留学生、在籍する世界最上位校の「スクールライフ」を語る!

米国屈指の名門校「フィリップス・エクセター・アカデミー校」からの短期留学生3名が、本校生徒と教職員対象に、校内でプレゼンテーションを行いました。


留学生が来校しました

今年もアメリカの フィリップス・エクセター・アカデミー校 から3名の短期留学生が来校しました。 このエクセター校は、1781年に開校されたボーディングスクール(寄宿制学校)で、アメリカでも10本の指に入るという名門校です。本校は毎年ここからの留学生を受け入れています。


世界へ飛躍するグローバル・リーダーの育成

社会課題に対する深い教養、コミュニケーション能力、問題解決力などの国際的な素養を身につける教育」これがSGH(スーパーグローバル・ハイスクール)」の目的ですが、本校で12年前から実践している「模擬国連活動」は、まさにこの目的に合致したプログラムといえます。


スーパーグローバルハイスクール(SGH)に指定されました!

本校が文部科学省よりスーパーグローバルハイスクール(SGH)の指定を受けました。これは文部科学省のグローバル人材育成のための教育事業で、全国で50校ほどが選ばれました。活動内容につきましては今後このHP上にてご報告いたします。


校内模擬国連(通称:MUNK International)を実施しました。。

2月9日に校内模擬国連である「MUNK international」(英語による校内模擬国連)を実施しました。残念ながら前日に予定していた「MUNK」(日本語による校内模擬国連)は雪のために中止となりました。