日本文化体験

中3で日本の文化を体験・研究する3泊4日の宿泊行事を行います この行事は「日本文化」「体験」「生徒行事」「分散型」をキーワードに、生徒が自ら研究テーマを設定し、プレゼンテーションと投票を繰り返して選ばれた6つのコースで実施されます。中2後期の企画制作というスタートから、中3の論文制作というゴールまで長い過程を通して日本文化の理解だけではなく、グループ活動での助け合いの精神、リーダーシップ、課題設定・問題解決能力を磨いていきます。この研修の様子は、地元新聞に取り上げられたり、TVで放映されたりすることもあります。研究結果は表現祭で発表し、各自が書いた論文で「論文集」を作ります。分散型修学旅行ともいえる日本文化体験が中学最後の集大成となります。興味を持った「日本」を学ぶために自ら企画し、中身を創り上げることは、通常の修学旅行にはない充実感や達成感を得ることができるばかりでなく、 企画力やプレゼンテーション能力、問題設定能力や問題解決能力など、幅広い能力を身につけることができます。

Card image cap
稲庭うどん
Card image cap
Card image cap
稲庭うどん

秋田県庁や稲庭うどんの製造に関わる人々から話を聞き、稲庭うどんの発展あるいは継続というテーマについてコース全体で考えた。

「米離れは日本にとって良いことか」をテーマに、新潟県南魚沼市と長岡市の様々な訪問先にて「作る」「売る」「研究する」「守る」の4つの観点から探究した。

「畳の新しい良さを見出す」をテーマに、稲わらの主産地である宮城県を訪れた。現地の職人さんや民泊の方々とふれあい、畳への思いをさらに深めることができた。

忍者

「忍者を日本の観光資源にするにはどうしたらよいか」という問いに対し、伊賀・甲賀で忍者関連施設を訪問、また行政の取り組みについて知り、自分たちなりの答えを探した。

マグロ

和歌山県那智勝浦町・串本町を訪れ、漁獲規制やマグロ養殖の問題点やその解決策をもとに、絶滅危惧種であるクロマグロの「本当に適した絶滅対策」を探求した。

屋台

福岡に残る「屋台」の独特の食空間・イメージについて探究した。その成果を九州大学にて大学の先生にプレゼンした。

Card image cap
忍者
Card image cap
マグロ
Card image cap
屋台