生徒会長挨拶

こんにちは。今年も公文の表現祭の季節がやってきました。

劇や展示などのクラ ス企画に始まり、学校の様々な場所で行われるバンドやダンスなどの有志企画ま で、魅力的な企画が盛りだくさんです。私もバンドに入っており、7月中旬に、本番で出演するバンドを選出する中間審査というものに出させていただいておりま した。そこで印象的だったのが、順番待ちで並んでいる際に、先に出番を済ませた バンドのメンバーが言っていた、「超気持ちよかった。」という言葉です。演奏など で表現することが、中間審査の緊張なども超えるほど爽快なものなのだということ を端的に示していると思います。なぜ表現することが爽快なのかと私なりに考えて みたところ、表現によって自分の感性を伝えたり自己主張をしたりできるからでは ないか、という結論に行きつきました。表現とは、自分はこう考える、自分はこれ を美しいと思う、ということを自分の体や技術で伝えるという行為なのです。公文 生の思う美、そしてそれぞれの現在地を、今年も思う存分に体現してもらいたい、 そして私自身も体現したいと思っております。

第30回表現祭最後までお楽しみく ださい。