表現祭

生徒ひとりひとりの表現をする行事であるため、本校では文化祭ではなく表現祭という名称を用いています。まず企画委員会を立ち上げ、実行委員会によって委員長を中心に生徒たちが運営をします。体育祭同様、開校より創り上げてきた行事を、受け継ぎ、反省すべき部分は改善をしています。公文国際学園の行事は常に進化しています。

本校の表現祭の特徴は「生徒による表現の場」であることです。「展示企画」・「演劇」・「映画」・「演奏」などを通して、各自が創意工夫を凝らして表現をします。他校の文化祭のように模擬店などはありません。高2生まではクラス企画に参加をします。さらに希望者は部活動単位での企画や気の合う仲間と有志企画として楽器演奏や、合唱、ダンスなどに取り組む人もいます。他にも「インタレストスタディーズ」「日本文化体験」「プロジェクトスタディーズ」等の展示や発表、自由研究の展示、受験者向けの学校相談ブースなどがあります。

Card image cap

中庭

Card image cap

日本文化体験展示

Card image cap

クラス企画

2018実行委員長のコメント(抜粋)

ポップコーンは熱を加えて小さな粒をはじけさせることによって作ります。1つとして同じ形のものはありません。今年度のテーマPopcornは表現祭という熱い舞台で個性を発揮し、みんなに自由にはじけてほしい、という願いで付けたものです。公文生は、企画を通じて自分が表現したいことは何か、どうすれば伝わるのか、一生懸命考えました。そして、ひとりひとりが自分らしくはじけることで、今できる限り最高の“表現”をしています。そんな公文生の溢れる想いが、来場者の方の心にお届けばできれば光栄です。

Card image cap

スクールコモンズ

Card image cap

講堂

Card image cap

正門